オーダースーツ

はじめてのオーダースーツにおすすめのデザインと生地【初心者必見】

はじめてのオーダースーツにおすすめのデザインと生地【初心者必見】

大人であれば誰しも一着はもっておきたいのがオーダースーツです。

オーダースーツは自分の身体にジャストフィットし体のラインが綺麗に見えるため、他の人とは違った印象を与えることができるためビジネスでもプライベートでも欠かせないアイテムです。(特に男性)

オーダースーツは昔と比べると価格も安くなり、安価で高品質なオーダースーツを作ることができるようになりました。今回はオーダースーツが初めてという方向けに、おすすめのデザインをご紹介いたします。

オーダースーツは何ができるの?

はじめての方におすすめのオーダースーツをご紹介する前に「オーダースーツは何ができるのか?」をご紹介いたします。

オーダースーツを作る際に選べる点は以下の通りです。

  • スーツ生地
  • ボタン(2つボタン・3つボタンなど)
  • ラペル(襟元デザイン)
  • ベント
  • ポケット
  • 袖口
  • パンツ裾タック
  • 裏地の有無
  • 裏地柄
  • ボタン柄
  • パンツ
  • ベスト

他にも選べる部分はありますが、ほとんどのテーラーで上記の項目をお客様に選んでいただきオーダースーツを作成しています。

オーダースーツはボタン柄や袖口デザインといった細かいディティール部分にもこだわることが可能なため、世界にひとつだけのオリジナルスーツをもつことができるわけです。

はじめてのオーダースーツは王道のデザインがおすすめ!

オーダースーツを初めて作ろうとする方の中には、襟元・ボタンの数・裏地柄などにこだわってしまいがちですが、重要なのは「身体のラインが綺麗にでるか」という点です。自分の身体にフィットしたスーツかどうかがオーダースーツの醍醐味であり、オーダーするメリットでもあります。

ボタン柄・襟元・裏地柄などはあまりこだわらなくてもよいでしょう。

身体のラインがしっかりでれば王道デザインのスーツでも他の人よりはるかに見栄えがよくなります。

「でも王道より少し個性を出したいな・・」という方もいると思いますので、はじめてのオーダースーツには王道デザインをおすすめする理由をSuit yaのオーダースーツを参考に詳しく見てみましょう。

ボタンの数から選ぶ(2つボタン・3つボタンなど)

まずオーダースーツの一番の基本となる部分が「ボタンの数」です。ボタンの数は一般的には2つですが、3つボタン6つボタン1つボタンなど様々なデザインから選ぶことができます。

やはり一番人気は2つボタンです。

2つボタン
3つボタン
1つボタン
段返り3つボタン
ダブル6つボタン

3つボタンや1つボタンは普段使いには利用しにくく、冠婚葬祭時でも着る場合でも似合う人とそうでない人に分かれます。せっかくオーダースーツを作ったのになんか変・・というのではもったいないですよね。

やはりボタンの数も王道の2つボタンがおすすめです。

ラベル(襟元デザイン)

ラベルとはわかりやすくいうとスーツの襟元のデザインです。大きく分けるとノッチ・ピーク・マオカラーから選ぶことができますがノッチが無難です。

Suit yaのスタッフの方に確認したところマオカラーはオーダースーツを作る方のでも相当珍しいようです。確かにあまり見ないデザインですよね。

ポケット

オーダースーツではポケットの数を選ぶことができます。種類はノーマル・チェンジ・スラント・スラントチェンジ・アウトポケットから選ぶことができますが、失敗したくなければノーマル一択です。

結婚式用に利用するのであればチェンジでもいいですが、仕事用・普段着用であればノーマルがおすすめです。

タック

オーダースーツはズボンのタックも選ぶことができます。

タックとはズボンにはいっている折り目のことで、タックが多ければ多いほどゆったりとした印象を与えます。体系・好みによって大きく変わる部分ですが、おすすめはやはりノータック(ノーブリーツ)です。

よく服屋さんにいくとノータックという言葉を目にしたことがある方もいると思いますが、今はノータックでスリムに着こなすのが主流です。無難にノータック(ノーブリーツ)を選ぶことをおすすめします。

オーダースーツの生地(デザイン)のおすすめデザインは?

オーダースーツのデザインは王道がおすすめということはお分かりいただけたと思いますが、生地のデザインに関しては好みに分かれるでしょう。

スーツの生地デザインは大きく

  • 無地
  • ストライプ
  • チェック

の3種類に分かれます。

自分のお好みの生地デザインを・・といいたいところですが、初めてのオーダースーツであれば無地が無難です。オーダースーツを作る際のポイントとして自分の好みのデザインというのももちろん重要ですが、飽きの来ないシンプルなデザインという要素はさらに重要です。

濃いストライプのオーダースーツを作っても着る場所を選びますよね。

おすすめは

  1. 無地
  2. チェック
  3. ストライプ

です。無地といっても種類がありますから以下のようなスーツ生地でも無地に分類されます。

かっこいいですよね。ただ単にまっさらな生地ではなく、織り込みがしっかりとでていることで無地でもかっこよいスーツを作ることができます。

飽きない生地のデザインは重要です。はじめてのオーダースーツであれば無地の生地をおすすめします。

では生地の素材のおすすめは?

スーツの生地は一般的にウールで出来ており、素材に関してはウールがベターといえるでしょう。夏場ですとサラッとした着心地のリネンやコットン・ポリエステルが中心となってきます。

ボタンデザイン 時期
ウール オールシーズン
ポリエステル 春・夏・秋
リネン 春・夏
コットン 春・夏・秋

オールシーズン着用できるオーダースーツが欲しい方はウールがおすすめです。

はじめてのオーダースーツは王道がおすすめだが上級者になったらよりオリジナリティを出そう!

はじめてのオーダースーツにはとにかく王道のスーツをおすすめしましたが、オーダースーツの魅力なんといっても身体にフィットした世界にひとつだけのスーツを作れるという点です。

オーダースーツを2着3着ともつようになったら、チェック柄や素材・ボタンの数なども変えてみて自分の理想に近いスーツを作ってみましょう!

さっそくオーダースーツをつくってみよう!【予算3万円】

オーダースーツも今では30,000円以下で購入できるようになっています。

首都圏・地方など居住地関係なくおすすめできるのはSuit yaです。Suit yaはオンラインで注文することができ、低価格・高品質・手軽さで多くのオーダースーツ好きが利用している一押しのサイトです。

予算も30,000円で高品質かつ自分の理想のスーツができますので、是非Suit yaで自分の身体にフィットした理想のオーダースーツを作ってみてください!

Suit ya※オンライン完結

価格 29,800円
届くまでの日数 約30日
お直し ジャストサイズ保証あり
おすすめ度

Suit ya特徴

  • 価格:一律29,800円
  • ネットで簡単発注
  • 生地サンプルあり
  • 高品質な生地

公式サイト

オーダースーツがすべて29800円 -ジャストサイズ保証、日本人クオリティ

生地のサンプルも受け取ることができるため、ネット注文でも失敗のないスーツ選びをすることができます。※Suit yaの失敗しない注文方法はこちらをご覧ください。

えっ!?3万円以下で国産オーダースーツが購入できる!?

オーダースーツは今では量販店と変わらない金額で購入できるようになってきています。

しかもmade in japan品質・3万円以下・お直し無料など、低価格で高クオリティのオーダースーツを手に入れることができます。

当サイトではオーダースーツ3万円以下特集の記事を紹介していますので是非チェックしてください!

記事を見る

\1,000円引きのクーポンあり/
made in japan クオリティのオーダースーツが29,800円で購入できる!今話題のSuit yaをお見逃しなく!
Suit ya公式サイト
\made in japanのオーダースーツが29,800円/
Suit ya公式サイト