スーツの基本

【1分でわかる】ビジネススーツとリクルートスーツ5つの違い

就職活動を開始する前にはスーツを購入することになりますが、リクルートスーツとビジネススーツとは若干異なる点があるため、しっかり確認して選びましょう。

ビジネススーツとリクルートスーツはどのような点が違うのかを解説します。

ビジネススーツとリクルートスーツの違い

ビジネススーツとリクルートスーツの主な違いは以下の5点です。

  1. スーツを着る場面
  2. デザインとカラー
  3. 価格
  4. 生地や素材
  5. 着こなし方

スーツを着用する場面

ビジネススーツ 社会人が日常的に着用
リクルートスーツ 大学生の就職活動

基本的に、リクルートスーツは大学生が就職活動をする際に着用するスーツです。

面接担当者が良い印象を抱くように、爽やかで清潔感のある雰囲気をアピールするためのものだといえます。はっきりとした定義はありませんが、リクルートスーツ=就職活動用のスーツといった常識が広まっていることが特徴です。

日本のビジネススーツは、業務をする際に着るものであり、社会人になりスーツを着用する場合には基本的にビジネススーツを着用します。

新入社員の間は就職活動の際に着用していたリクルートスーツを着る人が多いです。収入が安定したり後輩が入社したりした際にビジネススーツを購入し、着用するケースが多いといえるでしょう。

スーツのデザインとカラー

ビジネススーツ ストライプ柄・明るいグレー・その他のカラー
リクルートスーツ 無地・ネイビーブラック

一般的に量販店で販売されているリクルートスーツのなかで、就職活動をしている大学生が購入するものとしては無地のネイビー、ブラックが一般的です。面接官に最も良い印象を与えられるのは、どのようなデザインのネクタイでもマッチするブラックだといえます。

さらに、リクルートスーツとしてはダークグレーでも良いでしょう。自分の雰囲気や面接を受ける業種に適したものを選ぶことが重要です。

リクルートスーツとは異なり、ビジネススーツはデザインやカラーが豊富です。例えば、大学生の就職活動には適していないストライプ柄、明るいグレー、ブラウンといったデザインやカラーのもの、チェック柄などもあり、ファッションとして楽しめるものだといえます。

ただし、就職活動をしている大学生のうちは協調性が重要視されるため、無難なデザインやカラーのものを選ぶ方法が有効です。

スーツの価格

ビジネススーツ 4万円程度
リクルートスーツ 1万円~3万円

一般的に、リクルートスーツよりもビジネススーツの方が値段は高い傾向にあります。リクルートスーツの方がリーズナブルな理由は、収入が少ない大学生が購入しやすい価格のものを販売しているケースが多いためです。

リクルートスーツは安いものであれば1万円以内で購入できるものもあり、高額なものであっても3万円程度で一式購入できることが一般的でしょう。ビジネススーツは、平均価格が4万円程度です。

スーツの生地や素材の違い

ビジネススーツ 縫製・記事の品質が良い
リクルートスーツ 化学繊維で着心地が悪い

リクルートスーツは、湿気がこもりやすい化学繊維で作られた製品が多い傾向にあり、快適だとはいえない着心地が特徴です。リーズナブルなため縫製も丁寧とはいえないので、シワもつきやすいことがデメリットであり、耐久性がなく何年も着用できるようなものではないでしょう。

ビジネススーツは長時間着用することを前提とした縫製で作られていたり、生地の品質が良い、シワがつきにくいといったことが特徴です。

着こなし方も異なる

ビジネススーツ デザイン性重視
リクルートスーツ 清潔感重視

リクルートスーツは、清潔感や爽やかさを重要視し、良い印象を与えられるように着こなすことが大切です。サイズも重要であり、自分の体に適したものを購入する必要があります。シャツもシンプルなデザインやカラーのものを着用することがマナーです。

ビジネススーツはファッションデザイン性を重視し、ネクタイやシャツは常識の範囲内で自分好みのものを選べます。例えば、ブルーのシャツといった就職活動中に着用できないようなデザインやカラーのものでも、ファッション感覚で楽しめるでしょう。

就活でもビジネスでもオーダースーツがおすすめ

今回ビジネススーツとリクルートスーツの違いを紹介しましたが、どういったシチュエーションでも身体のラインが綺麗に出る自分にあったスーツを着用することをおすすめします。

今では29,800円で購入できるオーダースーツもあり、量販店でスーツを購入するのと同額程度で高品質なスーツを手に入れることができます。

価格 29,800円
届くまでの日数 約30日
お直し ジャストサイズ保証あり
おすすめ度

これからオーダースーツを作ろうと考えている方はSuit yaで注文することをおすすめします。

Suit ya公式HP

まとめ

ビジネススーツとリクルートスーツの違いは、デザインやカラーなどが挙げられます。リクルートスーツには明確な定義が無いものの、ビジネススーツと比較するとリーズナブルな価格で販売されていることが特徴です。リーズナブルで耐久性は弱く、長時間着用するのには向いていません。

ビジネススーツはデザインやカラーが豊富であるものの、その中から就職活動に適しているものを選ぶのは難しいといえます。

就職活動をする際にはリクルートスーツを着こなし、常識ある服装をして協調性があることを服装でアピールすることも大切です。就職活動中は、面接官に良い印象を与えられるように自分の体型に適したリクルートスーツを着こなしましょう。

Suit yaは初回限定で1,000円引きのクーポンを無料配布しています。

この機会に是非オーダースーツをお試しください!

suit ya1000円引きクーポン券

クーポンはこちらから

えっ!?3万円以下で国産オーダースーツが購入できる!?

オーダースーツは今では量販店と変わらない金額で購入できるようになってきています。

しかもmade in japan品質・3万円以下・お直し無料など、低価格で高クオリティのオーダースーツを手に入れることができます。

当サイトではオーダースーツ3万円以下特集の記事を紹介していますので是非チェックしてください!

記事を見る

\1,000円引きのクーポンあり/
made in japan クオリティのオーダースーツが29,800円で購入できる!今話題のSuit yaをお見逃しなく!
Suit ya公式サイト
\made in japanのオーダースーツが29,800円/
Suit ya公式サイト