オーダースーツ

スーツの寿命は3~4年!?買い替え時のサインを見逃すな!

スーツの買い替え時の2つのサインを見逃すな!

「スーツには寿命がある」ということをご存知ですか?

安い買い物ではないからこそ、ある程度の「ほつれ」や「生地の劣化」は仕方がないと、何年も同じスーツを着ている人は多いものです。

スーツは消耗品であり、適切な時期に買い換える必要があるということはあまり知られていません。

今回はスーツの寿命は一体どのくらいなのか、スーツの買い替え時を知らせるサインにはどんなものがあるのか、わかりやすく解説していきます。

意外に短い?スーツの寿命は3~4年!

一般的にスーツの寿命は夏物の場合で3年、冬物の場合で4年とされています。

寿命
夏物 3年
冬物 4年

もしかするとすでに寿命を過ぎているクタクタのスーツを着ている方もいるのではないでしょうか。

夏物は織り方が粗く薄手のため傷みやすい

夏はウールやコットン、麻(リネン)など、熱を逃がして風が通りやすい薄手の生地が使われることが多いです。

また、織り方を粗めにすることで涼しさを確保します。そのため生地が傷みやすく、冬物に比べて寿命が短くなりやすいのです。

加えて夏用スーツの素材はシワになりやすいですから、お手入れを怠ると生地の劣化をさらに早めることにつながるので注意しましょう。

冬物は目が詰まっていて厚手のため傷みづらい

冬はカシミアやウールとポリエステルの混紡素材など、夏物に比べて重く厚めの生地が使われることが多いです。

また、目の詰まった細かい織り方にすることで保温性を高めます。しっかりした生地であるため、夏物に比べると寿命はやや長くなります。

さらにポリエステルなどの合成繊維はシワになりにくい素材として知られていますから、お手入れも簡単で傷みづらいと言えます。

スーツの買い替え時の2つのサインを見逃すな!

「気に入っているから」という理由で、くたびれたスーツを何年も着用し続けるのはおすすめできません。特にビジネスシーンでは「清潔感」も重要なポイントですから、日々パリッとしたスーツを着ていたいものです。

スーツには買い替え時の2つのサインがあります。

  1. アイロンのしわが伸びない時
  2. テカリが出てきたとき

①アイロンをかけてもシワが伸びないとき

スーツのシワを伸ばす際にアイロンでプレスしたり、スチームの蒸気を当てたりすることはよくある方法です。

しかし劣化が進んでしまっているスーツは、いくらアイロンをかけてもシワが綺麗になくなることはありません。

「シワが伸びない」現象は、スーツの買い替え時を知らせるひとつのサインになるのです。

②スーツに「テカリ」を感じ始めたとき

スーツを着ているときに妙な「テカリ」を感じることがあります。これはスーツの生地がこすれて繊維の先端がつぶれたり、椅子に座る時やカバンを肩にかける際、生地に圧がかかったりすることで生じるものです。

そのため、「テカリ」はスーツの寿命を知るためのバロメーターと言ってもよいかもしれません。スーツにテカリを感じるようになったら、「そろそろこのスーツも寿命かな」と考えるようにしましょう。

まとめ

  • スーツの寿命は3年から4年
  • シワが伸びない・テカリが出てきたら買い替えのサイン

スーツはビジネスシーンに欠かすことができないものですから、寿命や買い替え時についてきちんと知識を持つことは重要です。

スーツはただの「モノ」と考えるのではなく、仕事をするための「パートナー」のような存在であると考えると、毎日のお手入れにも力が入るのではないでしょうか。

えっ!?3万円以下で国産オーダースーツが購入できる!?

オーダースーツは今では量販店と変わらない金額で購入できるようになってきています。

しかもmade in japan品質・3万円以下・お直し無料など、低価格で高クオリティのオーダースーツを手に入れることができます。

当サイトではオーダースーツ3万円以下特集の記事を紹介していますので是非チェックしてください!

記事を見る

\1,000円引きのクーポンあり/
made in japan クオリティのオーダースーツが29,800円で購入できる!今話題のSuit yaをお見逃しなく!
Suit ya公式サイト
\made in japanのオーダースーツが29,800円/
Suit ya公式サイト