スーツの基本

スーツが似合わない人の5つの特徴!対策方法も紹介します!

スーツを着るのは、気分も引き締まって仕事もやる気になるものです。

しかしスーツが似合わず、いまいちテンションが上がらない方も少なくありません。

※なかには直接人から「スーツが似合わない」と言われる人も・・

今回はなぜスーツが似合わないのか?いくつかの原因をご紹介いたします!

スーツが似合わない人5つの特徴!対処方法も紹介します!

まず理解しておきたいことは、スーツは元々日本人の着用するアイテムではなかったため、日本人でスーツが似合う人の方が少ないといえます。少しほっとしますよね。

特にスーツが似合わない人には共通点があるため、自分に当てはまっていないかをチェックしておきましょう。

スーツが似合わない人の特徴は以下の5つです。

  1. 猫背である
  2. 太っている
  3. 肩幅が狭い・なで肩
  4. サイズが合っていない
  5. 細かいところに気を使っていない

①②③については生まれつきもあるので、対処が難しい場合もありますが、④⑤についてはスーツ選び、着こなしを少しだけ意識すれば明日から改善できる部分です。

それぞれが似合わない原因と対処方法をみていきましょう。

原因①.猫背である

スーツが似合わない人は姿勢が悪いこと方が非常に多いです。

特に猫背の場合には、スーツを着用しても自信がなく元気もないような印象を与えます。さらに、背が低く見えたり首が短く見えたりといったことも似合わない理由です。

自信がない、暗い印象を与えてしまうことはビジネスシーンでも悪影響を与えるため注意しましょう。

スーツが似合う男性になるために、また、ビジネスシーンでもデメリットにならないよう、日頃から猫背にならないように背筋を伸ばす意識をすることが大切です。

姿勢が悪い場合の対処方法

日頃から意識をしていても、パソコン作業に集中していると頬杖をついたり足を組んだりと、自然と姿勢が悪くなってしまいます。

背もたれのある椅子を選ぶ、姿勢の悪さが目立つようであればシャツの下に着用できる矯正ベルトといったアイテムの使用も検討しましょう。

原因②.太っている

スーツが似合わない人の中には太りすぎで似合わない方もいます。

特にウエスト周りが太い人はスーツをスタイリッシュに着こなせない原因だといえます。標準体型の人は自分のサイズに適したスーツを見つけやすいうえに、スタイリッシュに着こなせるでしょう。

太っているの場合の対処方法

ウエスト周りが太い人は、サイズをしっかりとチェックして選ぶことが重要です。

ウエスト周りが太いからという理由でサイズの大きなスーツを選ぶと、だらしない印象を与えてしまい、格好良く着こなせません。窮屈そうに見えたり、違和感を与えたりするため注意が必要です。

また、サイズがきついパンツスーツを選ぶと、太っていることが目立ちます。自分のサイズに適したスーツを購入するか、健康のためにもダイエットをするなど、スーツの似合う体型を目指すのも良いでしょう。

原因③肩幅が狭い・なで肩

肩幅が狭く・なで肩の人はスーツを着ると肩が目立ってしまうため、残念ながらスーツが似合いません。

肩幅が狭い・なで肩は貧相な印象を与えてしまう可能性があるため、スーツが似合わないといわれがちです。

肩幅が狭い・なで肩の対処方法

なで肩の人や肩幅が狭い人、細身の人は肩パットが入っているスーツを着用することがポイントです。

スーツは、なで肩や肩幅が狭い、貧相な体型であることが目立ってしまうのでしまうため、肩パットが入っているものであればシルエットが綺麗になるでしょう。

肩パットが入っていないスーツを着用すると、肩にしわが寄ったり肩が目立ってしまう場合があります。さらに、スーツそのものが型崩れすることにもつながるので、可能な限り肩パットが入ったスーツを選ぶようにすることが重要です。

ここからはすぐに改善できる部分です

原因④スーツのサイズが合っていない

「スーツが似合わない人」の多くはスーツのサイズ選びに失敗しています。

日本人の場合スーツは基本的にベストなサイズではなく、少し大きめを選ぶ人が多いとされています。

これは太ったときのことや動きやすさを考えて、という意見もありますが、スーツを選ぶ上ではあまり好ましくありません。

大きめのスーツを選ぶと、

  • 布地がダボッとなる
  • ボディーラインがたるんで見える

など、スーツが似合わない以前にダラしなく見えてしまいます。

スラックスのサイズ感は「丈が靴にかからない程度」というのが基本です。靴の上にスラックスの丈が乗ってしまうと全体のラインが崩れてしまいます。

スーツのサイズが合っていない場合の対処方法

スーツのサイズが合っていないのであれば、できるだけ早くスーツを買い換えることをオススメします。

サイズ選びの際は必ず試着し、できるだけ布地がしっかり映えるベストマッチなサイズを選びましょう。

また、もし予算が許すのであればオーダーメイドのスーツを一度試してみるのも方法です。

オーダーメイドスーツの場合、細かい丈の調整やベストな長さのアドバイスなども期待できるでしょう。

原因⑤.細かいところに気を使っていない

スーツ姿で堂々としていてもなんとなくミスマッチに見えてしまう人は、細かいところに気を使っていない方が多いです。

スーツだけにこだわるのではなく、そのスーツに似合うものもしっかり選びましょう。

たとえば、スーツの下にはワイシャツを着るものですし、決めるなら靴は革靴が多く、ネクタイをつけることが多いでしょう。

姿勢が悪い場合の対処方法

アイテム選びでは細かい気遣いとファッションセンスが重要です。
スーツが似合わない人は細かいところに気を使っていないので、どうしてもオシャレに見せることができません。

この場合、スーツを買うときに必要な他のアイテムもまとめて購入してしまい、コーディネートを決めておきましょう。

関連記事
スーツに似合うアクセサリー5選
スーツに似合うアクセサリー5選スーツのコーディネートにこだわる人は、スーツに似合うアクセサリーを身に付けたいという人も多いのではないでしょうか。 スーツでも小物...

スーツが似合わないのであればオーダースーツもおすすめ

スーツをきれいに着こなすためには

  1. ジャストサイズ
  2. 姿勢を正しく

この2点だけ意識すればかなり印象は変わってきます。

※姿勢は常にピンっとするだけでも、意識が変わり歩く姿勢や立っている姿が変わります。

ジャストサイズのスーツを着用するのであれば、既成品ではなくオーダースーツがおすすめです。

オーダースーツであれば身体にジャストフィットの1着を作ることができるため、「ブカブカ」や「袖が長い」といった問題をクリアにすることができます。

※自分の身体に合わせて作るため身体的特徴の問題点をすべてにクリアにすることができます。

オーダースーツのテーラーはたくさんありますが、特に人気なのはmade in japanクオリティで29,800円のSuit yaです。

価格 29,800円
届くまでの日数 約30日
お直し ジャストサイズ保証あり
おすすめ度

Suit ya公式HP

まとめ

スーツは見た人に好印象を与える役割を持ちますが、着こなせないとかえって悪い印象を与えてしまいます。

ジャストサイズのスーツをしっかりと着こなし、姿勢を正すだけでもスーツが似合うようになります。

今まではスーツが似合わないと言われていた方も、サラっと着こなして周囲の人を見返しましょう!

Suit yaは初回限定で1,000円引きのクーポンを無料配布しています。

この機会に是非オーダースーツをお試しください!

suit ya1000円引きクーポン券

クーポンはこちらから

えっ!?3万円以下で国産オーダースーツが購入できる!?

オーダースーツは今では量販店と変わらない金額で購入できるようになってきています。

しかもmade in japan品質・3万円以下・お直し無料など、低価格で高クオリティのオーダースーツを手に入れることができます。

当サイトではオーダースーツ3万円以下特集の記事を紹介していますので是非チェックしてください!

記事を見る

\1,000円引きのクーポンあり/
made in japan クオリティのオーダースーツが29,800円で購入できる!今話題のSuit yaをお見逃しなく!
Suit ya公式サイト
\made in japanのオーダースーツが29,800円/
Suit ya公式サイト