スーツの基本

スーツの臭い匂いを取るための方法【予防も大事です。】

スーツを上手に着こなすのはビジネスマンに必須な社会的マナーですが、せっかくのお気に入りの一着にタバコや焼肉の臭気がこびり付いていたら台無しです。

仕事の現場に悪臭を放つスーツ姿で出向くのは社会人としての常識を疑われてしまうおそれがあります。スーツにこびり付いた悪臭は着ている本人は気づいていないことが多いので、自分が知らないうちに周囲に多大な迷惑をかけてしまうケースも少なくありません。

ビジネスマンとしてスーツを着こなすにはデザインや生地の質感だけではなく、衛生管理にも十分に気を配る姿勢が必須です。

スーツの匂いがもたらす大きな損失

特定の臭気を不快と感じるのは人それぞれですが、衣類に臭気がこびり付いた状態で放置するのはだらしない、不潔な行為と見なされます。

特に仕事の現場で着るスーツに臭気がこびり付いていると、着ている人が非常にだらしなく見えてしまうので社会的な評価が大きく下がってしまいます。

どのような臭気であれ、スーツには決して付着させないように注意するのが社会人としての身だしなみです。

予防策

お気に入りのスーツを着ている日はタバコを吸わない、焼肉など強い臭気を出す料理を出す飲食店に立ち寄らないなどの心がけが重要になります。

スーツの悪臭を取り除く方法と注意点

いくら自分が注意しても周りの人がタバコを吸ったり焼肉を食べると、それらの臭気がこびり付いてしまいます。

自分には一切の非が無いにも関わらず、不快な臭気がスーツに付着したら着ている人がちゃんとお手入れをしていないと見なされるので注意が必要です。

タバコや焼肉のように刺激が強い臭気は一度付着すると完全に取り除くのは非常に困難です。消臭スプレーなどの市販品は生地の表面に付いている臭気を一時的に抑制しているに過ぎません。タバコや焼肉から飛散した成分が悪臭の発生源なので、スーツの臭気を完全に取り除くには臭い取りの効果があるクリーニング処理を依頼するのが賢明な対処法になります。

また、クリーニングの際は再び悪臭がこびり付かないようにコーティング加工を一緒にお願いするのが上手な利用方法です。

スーツのクリーニングは悪臭の発生源を洗浄によって完全に除去できるメリットがありますが、

その一方でスーツ生地の繊維に含まれている脂分が過剰に除去される欠点もあります。繊維の脂分は保温性や弾力性を保つ効果があるので、何度もクリーニングを行うと脂分が無くなってしまい、結果として生地が傷んでしまいます。

悪臭を除去するのに必須なクリーニングですが、同時にスーツの寿命を縮めるおそれもあるので慎重に判断することを心がけます。

えっ!?3万円以下で国産オーダースーツが購入できる!?

オーダースーツは今では量販店と変わらない金額で購入できるようになってきています。

しかもmade in japan品質・3万円以下・お直し無料など、低価格で高クオリティのオーダースーツを手に入れることができます。

当サイトではオーダースーツ3万円以下特集の記事を紹介していますので是非チェックしてください!

記事を見る

\1,000円引きのクーポンあり/
made in japan クオリティのオーダースーツが29,800円で購入できる!今話題のSuit yaをお見逃しなく!
Suit ya公式サイト
\made in japanのオーダースーツが29,800円/
Suit ya公式サイト