オーダースーツ

パターンオーダーとイージーオーダーの違いを解説【比較表あり】

オーダースーツを作るにあたっては、基本となる作り方を決める必要があります。

完全フルオーダーメイドスーツを作る場合、実に250以上もの作業を行ってようやく一着出来上がるくらいですので、上質な分だけ高価なスーツになるのも納得です。

一口にオーダーメイドと言っても、その中にも様々な違いがあるのですが、大きく分けると3つの作り方になります。

オーダースーツの種類
  1. パターンオーダー
  2. イージーオーダー
  3. フルオーダー

フルオーダーでスーツを作るのはお金も時間もかかるので、たいていはパターンオーダーかイージーオーダーかの二者択一となります。

今回はパターンオーダーとイージーオーダーの違いを詳しく解説していきます。

パターンオーダーとイージーオーダーの違いを解説【比較表あり】

パターンオーダーとイージーオーダーは、デザインの種類や採寸、縫製に違いがあり、パターンオーダーの方が高級なオーダー方法だといえます。それぞれの特徴について、詳しくチェックしておきましょう。

パターンオーダー

料金目安 20,000円~50,000円程度
納品までの期間 2週間~4週間
採寸方法 ゲージ服
フィット感
初心者へのおすすめ度

まずオーダースーツの中でも、一番手軽かつコストが安いのがパターンオーダーです。

パターンオーダーの価格相場は2万~5万円程度、納品されるまでは2~4週間程度と出来上がるまでの期間が短く、既成品のスーツと変わらない価格で購入することができます。

パターンオーダーではゲージ服というサンプルを使用して着心地やサイズを調整します。

パンツ丈や袖丈といった縦のラインについては補正が可能であり、オーダースーツ初心者に最適な方法です。※縫製はミシン縫いと呼ばれる方法です。

国内のオーダースーツとしては定番の方法であり、比較的低価格で注文できることが魅力だといえます。

パターンオーダー作成の流れ

パターンオーダーを行っているお店でスーツを作る際のステップは、

  1. 採寸後にゲージ服を着る
  2. 自分の体型に最も近いゲージ服を選択
  3. 着丈や袖丈、ウエストやパンツの長さ調整

それぞれのパーツを希望や自分の体型に適したサイズに微調整するという流れです。スーツを作るのではなく、店舗にあるサイズのなかから自分好みや体型のサイズに調整して作ります。 

パターンオーダーを行っているお店では、ブランドごとのシルエットはそのままにサイズを整えるという方法であるため、調整可能な範囲は少なく、オプションの数も豊富ではないいことがデメリットとして挙げられます。 

 

パターンオーダーはこんな人におすすめ

パターンオーダーは初めてオーダーメイドでスーツを作るという方におすすめです。

ボタンの位置や色、名前を入れる、本切羽にするなど、オーダースーツだからこそのこだわりのあるスーツを作ることが可能です。オーダースーツを購入してみたい人、年齢を重ね、既製品の安価なスーツでは見た目の印象が悪いのではと感じる人に最適でしょう。

高級な専門店に気後れしながら入っていき、何も知らない初心者がオーダーしにきたと店員に思われてしまっているのではないかという緊張を感じずに済む、気軽な気持ちで作れるのがパターンオーダーの特徴です。

パターンオーダーは初心者にオススメのオーダースーツとはいえ、しっかりと採寸もしてくれます。

ただし生地から作るのとは違い、すでに出来上がっているゲージ服を、いかにより体にしっくりくるように変えていくかがメインの作業となります。

店があらかじめ用意した服に、可能な限りサイズを近づけていく作り方ですので、できるだけたくさんのゲージ服をそろえているところを選ぶのがいいでしょう。

イージーオーダー

料金目安 50,000円~200,000円程度
納品までの期間 2週間~4週間
採寸方法 型紙
フィット感
初心者へのおすすめ度

パターンオーダーよりももう少しいいスーツを作りたいというときには、イージーオーダーがおすすめです。

イージーオーダーは価格相場が5~20万円と幅があり、納期は3~4週間、縫製はミシン縫いであり、パターンを作ってサイズを微調整することが特徴です。

イージーオーダーは、型紙作りから手掛けていくためにパターンオーダーよりも手間がかかり、その分だけ値段も上がりますが、より自分の体にフィットしたスーツに仕上がるという点で優れています。

体型に合わせて補正が可能であり、初心者から中級者に適した方法だといえるでしょう。

イージーオーダー作成の流れ

イージーオーダーの専門店では

  1. 体の各パーツを採寸し縫製のもとになるパターン(型紙)から、自分の体型に近いものを選びます。
  2. 選んだパターンを基本として、体型やデザインを変更し、新しいパターンを作ってスーツを仕立てる

という流れです。

イージーオーダーはパンツ丈、袖丈といった各パーツの補正や肩の部分の補正を行えます。

そのため、体型が変わらない限り違和感なく、快適な着心地でスーツスタイルを楽しめるでしょう。

さらに、イージーオーダーではデザインやディテール、デザインも自分好みに選べることが魅力です。自分の体型に適した既製品のスーツが見つからない場合には、部分的に補正できるイージーオーダースーツが良いでしょう。

イージーオーダーはこんな人におすすめ

朝早くから夜遅くまでスーツを着て過ごしているという人なら、パターンオーダーよりもイージーオーダーで作ったスーツの方が着ていて疲れず、なで肩の人やいかり肩の人など、体型によって見た目が変わってしまう点を補正しながら作ることができ、見た目が美しくなるのが、最大の特徴です。

大きな違いは「ゲージ服」か「型紙」

パターンオーダーとイージーオーダーの違いをご紹介しましたが、わかりやすくいうと

「ゲージ服」を使うか、「型紙」を使うか

の違いだけです。

イージーオーダーのほうが自分の身体に沿った「型」で作るのでジャストフィットすると覚えておきましょう!

made in japan のオーダースーツを29,800円でGET

最近ではゲージ服や型紙を使わずにネットでオーダースーツを作ることが人気となっています。

お店にわざわざ通う必要がなく、自宅で採寸で簡単にオーダースーツができるので、忙しいビジネスマンに選ばれています。

特に人気なのはmade in japanクオリティで29,800円のSuit yaです。

価格 29,800円
届くまでの日数 約30日
お直し ジャストサイズ保証あり
おすすめ度

これからオーダースーツを作ろうと考えている方はSuit yaで注文することをおすすめします。

Suit ya公式HP

予算をおさえたオーダースーツをお探しであれば下記の記事を参考にしてください。
オーダースーツ激安ランキングBEST5【予算3万円以下】

まとめ

パターンオーダー イージーオーダー
料金目安 20,000円~50,000円程度 50,000円~200,000円程度
納品までの期間 2週間~4週間 2週間~4週間
採寸方法 ゲージ服 型紙
フィット感
初心者へのおすすめ度

パターンオーダーとイージーオーダーの違いいかがでしたでしょうか。

オーダースーツでも作り方や工程が違うだけで、金額や身体へのフィット感が大きくことなります。

はじめての方はまずはパターンオーダーで試してみて、もっと身体にフィットしたスーツが欲しくなったらイージーオーダーさらにはフルオーダーとステップアップしてみてください。

Suit yaは初回限定で1,000円引きのクーポンを無料配布しています。

この機会に是非オーダースーツをお試しください!

suit ya1000円引きクーポン券

クーポンはこちらから

えっ!?3万円以下で国産オーダースーツが購入できる!?

オーダースーツは今では量販店と変わらない金額で購入できるようになってきています。

しかもmade in japan品質・3万円以下・お直し無料など、低価格で高クオリティのオーダースーツを手に入れることができます。

当サイトではオーダースーツ3万円以下特集の記事を紹介していますので是非チェックしてください!

記事を見る

\1,000円引きのクーポンあり/
made in japan クオリティのオーダースーツが29,800円で購入できる!今話題のSuit yaをお見逃しなく!
Suit ya公式サイト
\made in japanのオーダースーツが29,800円/
Suit ya公式サイト