Suit Ya

Suit-Yaのオーダースーツで失敗しない注文方法【生地サンプル・採寸】

Suit Ya失敗しない注文方法!安い理由・評判は?【オーダースーツ】

今注目を集めいているのがオンラインでオーダースーツが頼めるSuit yaです。

Suit yaは低価格・高品質・手軽の3拍子を兼ね備え、ネットだけでオーダースーツを作れることから20代~50代まで幅広い年代に人気です。しかしSuit yaの注文の際に気になるのが「自分で採寸して失敗しないのか?」「思っていたスーツと違ったらどうしよう・・」という点です。

誰でも失敗はしたくないですよね。

そこで今回はSuit yaでオーダースーツを検討されている方向けにオンライン発注でも失敗しない方法をご紹介していきます。

▼関連記事▼

Suit yaは失敗したときのためにジャストサイズ保証がある!

まず大前提としてSuit yaには採寸ミスをした場合にジャストサイズ保証があります。

ジャストサイズ保証制度に関して

初回の1着目1回に限り、
弊社工場までお送り頂ければ無料でサイズお直し対応させていただきます。
又はお近くのリメイクショップでサイズお直しをお願いします。
リメイクショップでのお直し希望の場合は最大5000円(スーツ)2000円(シャツ)をお支払いし対応させていただきます。

Suit yaで作ったオーダースーツを失敗してもジャストサイズに直してもらうことが可能です。もしくは近くのリメイクショップでサイズ直ししてもらったら5000円までSuit yaが保証してくれます。※要領収書

Suit yaは失敗しても大丈夫!ということを覚えておきましょう!

Suit yaのオーダースーツで失敗しない注文方法

Suit yaはジャストサイズ保証があるにしても1度で自分の体形にフィットしたオーダースーツが作れることがベストです。Suit yaで失敗しないためには以下の3つを注意しましょう!

①オーダースーツの生地は必ず取り寄せする。

Suit yaは公式サイトでたくさんのオーダースーツの生地とデザインを見ることができます。Suit yaは公式サイトも見やすく動画もあるためオンラインでもオーダーミスのがないように配慮されています。

しかしいくら画像や動画を見たところでわからないのがスーツの生地の触り心地(肌さわり)です。

Suit yaでは生地のサンプルを無料で受け取ることができるため、実際のオーダースーツの生地を触ることが可能です。生地サンプルの請求から到着までは約1週間ほどですが失敗したくない方は必ず生地サンプルを請求しましょう!

今なら一人でも簡単に測れるオリジナル採寸用メジャープレゼント中です。

サンプル生地請求はこちらから

※もし手持ちのスーツやその他のテーラーなどで生地を確認した場合には生地サンプルの請求は端折ってもらってOKです。

②自己採寸は採寸マニュアルをしっかり見よう!

Suit yaには3つの採寸方法があります。

  1. 自己オート採寸
  2. お気に入りを採寸
  3. 採寸代行

お気に入りを採寸と採寸代行は今持っているお気に入りスーツと同じサイズのスーツを自分で採寸・もしくは郵送することで採寸してくれます。しかしお気に入りのスーツとはいえ既成品のスーツしか手元にないケースが多く、自分の体系にジャストフィットするものはほとんどないと思います。

せっかくSuit yaで自分の体に完全にフィットしたオーダースーツを作るなら自己オート採寸を行いましょう。

自己オート採寸と聞くと難しく感じるかもしれませんが、採寸マニュアルがしっかりしているので間違いなく採寸することができます。

採寸マニュアルに

ジャケット・シャツ用

  • 首回り
  • 着丈
  • 肩幅
  • 袖丈
  • 手首
  • 二の腕
  • チェスト
  • 胴回り

パンツ用

  • パンツウェスト
  • ヒップ
  • 太もも
  • 股上
  • パンツ丈

を採寸します。

採寸マニュアルを見ていただくとわかりますが、すべて画像付き・動画付きで採寸方法が記載されています。

何度もSuit yaで注文している私からすれば採寸マニュアルをしっかりみれば失敗することありえません。※Suit yaのオーダースーツを失敗する方は採寸を適当に行ってしまうケースがほとんどです。

採寸マニュアルに掲載されている採寸方法はテーラーで行っている採寸方法と全く一緒ですので、自分で行うか・他人が行うかの違いだけです。

採寸マニュアルをしっかり見て採寸を行いましょう!

※オーダースーツをすでに持っている方は御気に入りのサイズで注文しましょう。

③ボタン柄や裏地柄はあまり気にしない

Suit yaではオーダースーツを作る際に以下の項目を選びます。

  • スーツ生地
  • ボタン(2つボタン・3つボタンなど)
  • ラペル(襟元デザイン)
  • ベント
  • ポケット
  • 袖口
  • パンツ裾タック
  • 裏地の有無
  • 裏地柄
  • ボタン柄
  • パンツ
  • ベスト(+7,980円)

これだけ選択肢があると迷ってしまいそうですが、この中でも意外と悩んでしまうのがボタンの柄や裏地柄などの部分です。

スーツのシルエットは3種類前後から選ぶようになりますが、ボタン柄や裏地柄は20種類以上の選択肢があるため「選んだ生地に合うかな・・」「失敗したらどうしよう・・」と頭を悩ませてしまいます。

私はSuit yaで何度も購入していますが、ボタン柄や裏地柄は失敗しても後からどうにでもなります。近所のスーツ屋でボタンを買って付け直せばいいだけの話です。(自分でも簡単に行えます。)

さらにいうとよほどスーツ生地の色とかけ離れていなければ大体かっこいいスーツが完成します。

せっかくオーダースーツを作ろうとしているのですから、ボタンや裏生地などであまり頭を悩ますことのないようにしましょう!

[aside type=”warning”]あまりにも気になるようでしたら、Suit yaの方にメールで生地に合うボタン柄や人気の裏地柄などを教えてもらいましょう! [/aside]

Suit yaのオーダースーツで失敗しない注文方法まとめ

人気のSuit yaで失敗しないためには

  1. 生地サンプルを取り寄せる
  2. 採寸マニュアルをしっかり見る
  3. ボタン柄・裏地柄などはあまり気にしない

3つだけ押さえておけば失敗することはほとんどありません。わたしもはじめてSuit yaで注文したときには不安でしたが、想像以上に身体にフィットしたオーダースーツが完成したときには感動ものでした。

ジャストサイズ保証もあるので気軽にオーダーすることもできます。みなさんも是非Suit yaで自分にあったオーダースーツを作ってみてください。

[aside type=”normal”]完全に余談ですがオーダースーツはやはり既製品とは違い、第三者から見てもかっこよく映るようです。飲み会や結婚式の際にスーツが似合っていると何度も言われました!(完全余談)[/aside]


オーダースーツがすべて29800円 -ジャストサイズ保証、日本人クオリティ

えっ!?3万円以下で国産オーダースーツが購入できる!?

オーダースーツは今では量販店と変わらない金額で購入できるようになってきています。

しかもmade in japan品質・3万円以下・お直し無料など、低価格で高クオリティのオーダースーツを手に入れることができます。

当サイトではオーダースーツ3万円以下特集の記事を紹介していますので是非チェックしてください!

記事を見る

\1,000円引きのクーポンあり/
made in japan クオリティのオーダースーツが29,800円で購入できる!今話題のSuit yaをお見逃しなく!
Suit ya公式サイト
\made in japanのオーダースーツが29,800円/
Suit ya公式サイト